東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 
『温故知新』
古 - いにしえ - の千 利休の茶道に学び、
そして現代の茶人感覚を開きながら、
伝統の中にも、新しい茶道を導き 取り入れたいと思い、
若手作家の発表の場としても、広めて行く所存で有ります。
                美術工芸 千華 店主

東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華

京王百貨店 新宿店 6階において、茶道具・美術工芸品を取り扱っております。
ご来店を お待ちしております。

ご案内

おしらせ

2024年2月 美術工芸千華 ― 歳時記26 ―

春告鳥とも言われる鶯。

2月下旬、梅の開花の頃に初鳴きする事から「春の訪れを伝えるモチーフ」として梅に鶯画が描かれる事が多いですが 実際は鶯は梅の枝に好んでとまる事は少ないそうです。

初鳴きの頃の鶯は上手に泣く事が出来ず、縄張りを示す為、メスに安全を知らせる為、練習を重ねて美しい鳴き声になるのだそうです。

江戸時代 京都からきた寛永寺の住職が「上野の鶯は声が美しくない」と尾形乾山に命じて京都から3500羽の鶯を運ばせたとの事で 鶯谷の地名が今も残っています。

春は直ぐそこまでやって来ています。

「春入千林処々鶯」

2024年2月 萩焼 吉野桃李 茶陶展

会期:2024年2月15日(木)~2月20日(火)〈※最終日は午後3時閉場〉
会場:京王百貨店 新宿店6階 茶室「京翔」

萩焼の原点である高麗焼に魅力を感じ製作した茶器、花入、酒器、食器等を展示いたします。
どうぞご高覧賜りますようよろしくお願い申し上げます。 吉野桃李

【桃李窯】吉野桃李氏の略歴
2024年2月 萩焼 吉野桃李 茶陶展

Copyright(c) 2009-2024 東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 All Rights Reserved.