2022年2月 美術工芸千華 ― 歳時記 Vol.2 ―

女の子の節句として知られている雛祭りですが、元々は厄払いの行事で、季節の変わり目で災いをもたらす邪気を払い春の訪れを喜び、無病息災を願うものだったそうです。
大変な時代を迎えておりますが、花は季節が来れば変わらず微笑んでいるかのように咲き誇ります。
今のご時世そんな春が来ることを願う掛け軸です。

2022年2月 美術工芸千華 ― 歳時記 Vol.2 ―

Copyright(c) 2009-2022 東京都新宿区の茶道具店 美術工芸 千華 All Rights Reserved.